老犬後ろ足びっこ(震える)

老犬が後ろ足をびっこする時の原因と原因ごとの対策

<老犬の後ろ足びっこ原因と対策・概要>
老犬が後ろ足をびっこする時の原因として、まず考えられる要因は、椎間板ヘルニアか股関節脱臼です。

 

椎間板ヘルニアとは、激しい運動や肥満や骨の老化で、体内の組織や器官が、本来あるべき場所からずれてしまった状態のことを言います。

 

かかりやすい犬種は

  • ダックスフンド
  • ビーグル
  • フレンチブルドック
  • シーズー
  • ペキニーズ
  • アメリカンコッカースパニエル
  • ウェルシュ・コーギー
などです。

 

これらは元々「軟骨異栄養症性犬種」と言って、軟骨の形成不全で骨が発育されない遺伝要素を持っているので、対策をすることはなかなか難しいのが現状です。しかしこの犬種以外でも、椎間板ヘルニアにかかる可能性は充分にあります。

 

犬の椎間板ヘルニアは5段階に別れており、グレード1では動いたり、触れられたりするだけで、脊椎に強い痛みを感じます。

 

抱き上げたりすると鳴き声を上げたり、散歩などを嫌がり、小さな段差も昇り降りすることが出来なくなります。

 

歩行をする時に足の甲をすったり、自分の足をおろす場所が定まらずふらついたりする症状が出ている場合は、既にグレード2に達している可能性があります。

 

原因ごとの対策とは以下の通りです。

 

激しい運動をさせてはいけませんが、肥満にも注意しなければなりません。
また老化が原因のこともあります。

 

軽度の場合は食事制限や、非ステロイド系の薬や抗炎症薬の内科的治療をします。

 

重度になると手術療法が必要になります。この場合は手術の危険性や、再発の可能性を常に頭に入れておかなければなりません。

 

股関節脱臼は前足にも後ろ足にも起こりますが、より多いのは後ろ足に起こる膝蓋骨脱臼でしょう。
膝関節にある膝蓋骨が溝の部分から外れてしまうことを言います。

 

全ての犬種で起こりますが、ヨークシャーテリア、マルチーズ、チワワ、トイプードルなどは遺伝的な骨格の構造から起こりやすいです。

 

先天性のものもありますが、打撲や高所からの落下、交通事故、老化などが原因の後天性とがあります。

 

膝蓋骨脱臼の進行度は4段階に分類されます。

 

グレード1
脱臼しても無症状で、自然と正常の位置に戻ることが多く、飼い主も見落としがちです。

 

グレード2
膝関節の状態が不安定で、時々脱臼した足を浮かせて歩きますが、犬が足を伸ばしたり、飼い主が手を貸せば、元の状態に戻ります。
日常生活にも支障は殆どありません。

 

グレード1、2でしたら、殆どの獣医師が様子見と判断するでしょう。
体重管理や、フローリングの床に滑らないマットを敷いたり、サプリメントなどの内的治療が有効です。

 

グレード3
加齢と共に骨が変形し、膝蓋骨を支える靭帯が伸び、間接が緩みはじめ、ほぼ脱臼した状態になります。
こうなってしまうと、犬は足を引き摺ったり、上げたまま歩いたりします。外科的手術の検討もこのあたりからはじまるでしょう。

 

グレード4
もう元には戻らない状態のことです。
常に脱臼しているため、犬は足を曲げたままの状態や、足を浮かせたまま歩く歩行異常がみられるようになります。
ここまで来ると外科的手術でも完治は難しくなります。

 

因みに10歳を過ぎた頃に、我が家のヨークシャテリアは2匹とも、膝蓋骨脱臼との診断を受けました。
幸いどちらも手術を受けることなく、サプリメントや食事制限で対処しましたが。

 

要するに犬がびっこする時の原因とは以下の3つでしょう。

 

神経的な病気が原因の場合、先天性の場合、老化。
特に犬は前足に体重をかけ、後ろ足の筋肉を使わないため、後ろ足から弱っていくことが多いのです。

 

老化の場合は症状のあらわれ方が遅いので、なかなか気付いてあげることは難しいですが、日頃から飼い主が犬の行動や歩き方に気を配り、少しでも早めの対策を取ることが大事です。